第89回 ことわざ、格言 7


引き続き動物に関することわざ。動物なら普遍性があると考え人間に例えると個人差があると考える人間の驕りか、角を立てずに教えを説く知恵か。

Aunque la mona se vista de seda, mona queda.
「絹で着飾っても猿は猿だ」
貴族が平民を見下したような表現。日本の「馬子にも衣装」は馬子でもちゃんとした衣装を着せれば立派に見えるという優しい表現で前向きである。

Mucho sabe la zorra, pero más sabe quien la toma.
「狐は知恵者だがキツネ狩りをする者はもっと賢い」
上には上がある。事を成すに際してうぬぼれは禁物。

Ratón que no sabe más que un horado (agujero), presto es cazado.
「ひとつの抜け穴しか知らないネズミはすぐに捕まる」
仕事をする場合でも、うまく行かない場合に備えていくつかの対策を用意しておくべき。

En los nidos de antaño no hay pajáros hogaño.
「昔の巣に今は鳥はいない」
柳の下のドジョウを決め込んで以前に小鳥の卵を取った巣に戻って見たが、もうそこに小鳥はいなかった。
(川内)

こんな記事も読まれています