第45回 よろしいでしょうか?¿Está todo bien ?


Camarero:¿Está todo bien?
Reiko:Sí, está bien, pero necesitamos un poco más de pan.
Camarero:Enseguida.

ウェイター:すべてよろしいでしょうか?

レイコ:ええ、大丈夫です。ただ、もう少しパンが必要です。

ウェイター:すぐに。

単語・表現

camarero, ra「ウェイター、ウェイトレス」

está 「いる、である」(estar・3・単・現在)

bien「よく」 todo「すべて、全部」

¿Está bien?  「(それで)よろしいでしょうか?」

Está bien. 「それでいいです、大丈夫です」

相手が確認を求めてきたときに、「それでいい(結構)です、大丈夫です」と答える場合に使います。”Bien.”とだけでも用いられ、強調する場合は”muy”「とても」を入れ、Está muy bien.と言うこともできます。

pero「けど」 necesitamos 「必要とする」(necesitar・1・複・現在)

poco「少しの」 un poco más de +数えられない名詞「もう少しの~」

pan「パン」(数えられない名詞となるので注意)

un trozo de pan「一切れのパン」

enseguida 「すぐに、ただちに」(レストランでウェイターなどがよく使う)

その他の表現

便利な ¿Está bien?「よろしいでしょうか」

¿Está bien?[エスタ・ビエン]と最後にイントネーションをあげることで、確認のための疑問文になります。bien の後ろに確認した事柄などを付け加えれば、立派な確認の文章になります。

¿Está bien así? 「(相手に見せながら)これでよろしいですか?」

así 「このように」

¿Está bien la temperatura? 「温度はよろしいですか?」

temperatura「温度」

¿Está bien de sal? 「塩加減はよろしいですか?」

de「の、として」  sal「塩」

¿Está bien la sopa?「(味の確認をもとめて)スープはいかがですか?」

sopa「スープ」

知らずに使っているスペイン語

パン – Pan

パンは日本で定着した外来語のなかで、最も日常生活になじんでいるもののひとつではないでしょうか。panという言葉 ですが、スペイン語でも「パン」の意味。しかも発音も同じ。

日本には16世紀ごろ、ポルトガル語のpão[パオ]を通じて入ってきたというのが有力な説として考えられています(船田詠子「パンの文化史」から)。もともとはラテン語のパンを意味するパニス (panis)が語源であるため、ラテン語系の言葉であるフランス(pain)、イタリア (pane)と、よく似た言葉が使われています。

こんな記事も読まれています