第50回 トレドを知っている?¿Conoces Toledo?


Gabriel:¿Conoces Toledo?

 

Mari:No, no lo conozco. Pero sé que es Patrimonio de la Humanidad.

 

Gabriel:Sí, es cierto. Es una ciudad con muchos monumentos antiguos.

ガブリエル:きみはトレドを知っている?
マリ:いいえ、行ったことはないわ。でも(トレドが)世界遺産であることは知っているわ。
ガブリエル:ええ、その通り。たくさんの古い建造物がある街だよ。

単語・表現

conoces 「(体験として・人に聞いて)知っている」(conocer・2・単・現)

Toledo 「トレド」※スペイン中央にある古都。世界遺産

lo「それを」 conozco「(体験として・人に聞いて)知っている」(conocer・2・単・現)

pero 「けど」 sé「(知識として)知っている、わかる」(saber・1・単・現)

que 「~ということ」※英語の接続詞 thatと同じで主語+動詞と文章が続きますが、省略しません。

patrimonio「財産、歴史的遺産」 humanidad「人類」

Patrimonio de la Humanidad 「世界遺産」

es「~である」(ser・3・単・現) cierto「確かな、その通り」

Es cierto.「確かである、その通りだ」

ciudad「都市、街」 con「~といっしょに」

mucho, cha「(数えられる名詞の前で)多くの」 monumento「建造物、記念碑」

antiguo, gua「古い、古代の」

その他の表現

conocerとsaberの使い方

“conocer” と “saber” はともに「知っている」という意味ですが、使われ方が異なります。

conocer「(体験的に)知っている、(場所に行ったことがあり)知っている」

Conozco Cancún.「カンクンを知っている(カンクンに行ったことがある)」
コノスコ カンクン
※Cancúnはメキシコのユカタン半島にあるカリブ海に面したリゾート地。

saber「(知識・技能・学問として)知っている、わかる、~できる」

saber + 名詞・疑問文(詞)「~を知っている、わかる」

Sé español. 「わたしはスペイン語がわかります」

¿Sabes qué es esto? 「これは何か知っていますか?」
sabe「知っている」(saber・2・単・現) qué「何」
es「~である」(ser・3・単・現) esto「これ」

saber + 動詞の原形 「~できる」

Ella sabe tocar el piano. 「彼女はピアノを弾くことができる」
ella「彼女」 sabe「~できる」(saber・3・単・現) tocar「(楽器)を弾く、演奏する」

こんな記事も読まれています