第163回 君の夢は?


Koichi : ¿Te gustaría realizar algún sueño en el futuro?

José : Sí, me gustaría dar la vuelta al mundo en un barco velero. ¿Y tú?

Koichi : A mí me gustaría terminar de pagar el crédito de mi casa, ja ja ja.

コウイチ:きみは将来何か夢をかなえたい?
ホセ:はい、帆船で世界を回りたいな、きみは?
コウイチ:僕は家のローンを支払い終えたいな。ははは。

単語・表現

te「きみを・に」

gustaría 「~が好きである」(gustarの3人称・単数、直説法の過去未来形)

te gustaría 「きみは~したい」 ※きょうの表現・ことばではgustaría はを使った表現を取り上げます。

realizar「実現する、かなえる」 algún 「何らかの」(男性名詞の前でalgún)

sueño 「(望みの)夢;眠り、(睡眠中の)夢」  futuro 「将来」

me 「私を・に」

me gustaría + 動詞の原形 「わたしは~したいなあ」(希望)

dar「(名詞とともにその行為を)する」※ほかにも「与える」「渡す」の意も。

vuelta 「回ること、巡回」 al = a + el 「~へ、~に、~を」

mundo 「世界」   barco 「船」(あらゆる種類の船)  

velero, ra「帆走の」 barco velero 「帆船、セーリングボート」

tú 「きみ」  a mí 「私に」(me の強調した表現でmeと重複して使われることが多い)

terminar「終える」 pagar 「支払う」 

crédito 「貸し付け・ローン、信用・信頼」 casa 「家」

ja ja 「ハハ(笑い声)」

♦その他の表現

mientrasの使い方

きょうは何度も本文中に登場してきたgustaíaの表現を考えてみましょう。 文法的な話の前に、動詞gustarの表現を覚えていますか? 「~が好きである」という意味でme gustaという形で登場してきました。

gustarは無生物や行為そのものが主語となり、ほとんど3人称の形で登場してきます。 語順は、人称の目的語+動詞 gustar+主語(名詞や動詞の原形)となります。

覚えていない人はもう一度#033などで確認してください。

さて、本題に入りましょう。

gustaría(3人称・複数形でgustarían)も3人称の形で用いられるのは同じです。 ただし、文法的に言うと、直説法の過去未来形(可能法)と呼ばれますが、難しく考えず、 未来の動作や状態の推量の表現と考えてください。

Me gustaría + 動詞の原形 「私は~したいなあ」

現在は実現できていないが、将来(時間の長さは関係ない)において実現したい希望について 話す場合に使います。

一方、 Me gusta + 名詞/動詞の原形 「私は~好きである」 あくまでも「好きである」ことを言う場合に使います。 さらに、「~したい」という表現でピンとくるのはquiero Quiero + 動詞の原形 「~したい」(#037参照)

Me gustaría + は実現していない希望を含んだ「~したい」に対して、 quieroは願望・欲求の「~したい」を意味しています。

実際に例文を見ましょう。

Me gustaría ganar en las olimpiadas.
「私はオリンピックで勝ちたいなあ」
ganar 「勝つ」  olimpiadas 「オリンピック(競技)大会」

Me gustan mucho los juegos olímpicos.
「私はオリンピックゲームが大好きです」
juegos olímpicos 「オリンピック(競技)大会」 ※主語が複数形なので gustan と動詞 gustarの3人称の複数形になっているので注意。

「フラメンコを踊ること」の例文で次の違いを理解してください。

▼現在はフラメンコを踊れない人が・・・
Me gustaría bailar flamenco.
「私はフラメンコを踊りたいなあ」
bailar 「踊る」

▼踊ることができる人が・・・
Me gusta bailar flamenco.
「私はフラメンコを踊るのが好き」

▼踊れる人が踊りたいのか、そうでない人が踊りたいのか不明だが、願望を表して・・・
Quiero bailar flamenco.
「私はフラメンコを踊りたい」

どうですか? 違いがわかったでしょうか?

こんな記事も読まれています