第212回 財布を盗まれた


Juan : ¿Visitaste ya mi página web?

Aki : Ayer me robaron la cartera en el metro y perdí tu direccién de la página web.

Juan : ¡Qué mala suerte! Te la mando otra vez mañana a tu correo.

フアン:僕のウェブページをもう訪れてくれた?
アキ:昨日、地下鉄で(メモを入れた)財布を盗まれてウェブページのアドレスをなくしたんだ。
フアン:ついてないねえ!明日、もう一度きみのメールに送るよ。

単語・表現

visitaste「訪れる」(visitar・2・単・点過去)

ya「もうすでに」   página「ページ」 web 「ウェブ」  

página web 「ウェブページ」

ayer 「きのう」  robaron「(人から)~を盗む」(robar・3・複・点過去)

※主語(つまり泥棒)はスリなどの不特定数であるため、ellos「彼ら」としていますが、普通は省略されて話されます。直訳すると「彼らはバスで私から財布を盗んだ」となり、「私はバスで財布を盗まれた」となります。

cartera「財布」  metro「地下鉄」  

perdí 「失う」(perder・1・単・点過去)  tu「あなたの」 

direccién「(webサイトの)アドレス;方向」

qué 「何て…だ」   malo,la「悪い、(口語で)そいつはひどい」

suerte 「運、幸運」

¡Qué mala suerte! 「運が悪かったね! ついていないなあ!」

la 「それを」(女性名詞、direcciénを受けた直接目的語)

mando 「送る;命じる」(mandar・1・単・現在)

otro,ra「ほかの」  vez 「回」  otra vez 「もう一回」

mañana 「明日」  correo 「メール;郵便」

その他の表現

【盗まれたときのトラブル】

よくスペイン語の会話ブックなどで「泥棒!」「火事だ!」などの表現を見かけます。ただ、実際に盗まれたときに「泥棒!」と叫ぶかといえば微妙です。スリなら気づかないでしょうし、強盗なら下手に刺激するのも危険です。「火事だ!」という現場に出会うこと自体ものすごく珍しいことではないでしょうか。

今回は何か盗まれた時の表現を取り上げてみます。

●盗んだ人物が単独の場合

Me robé + 名詞 「私は~を盗まれた」

Me robé la cámara.
「私はカメラを盗まれた」

robé「(人から)~を盗む」(robar・3・単・点過去) cámara「カメラ」

Ese hombre le robé el reloj.
「その男が彼女(彼・あなた)から時計を盗んだ」

ese「その」  hombre「男性」 le「彼・彼女に、あなたに」 reloj「時計」

●盗んだ人物が複数、または不確定な場合

Me robaron + 名詞 「私は~を盗まれた」

Me robaron el coche.
「私は車を盗まれた」←「彼らは私から車を盗んだ」

coche「車」

●その他
¡Ladrén! 「泥棒!」

¡Fuego! 「火事だ!」

¡Socorro! 「助けて!」

こんな記事も読まれています