第87回 少ないなあ!¡Qué poca cosa!


José:¿Qué hay famoso en tu ciudad?
Antonia:Pues… ¡Ah sí ! La plaza de toros, y la plaza mayor.
José:Pues, ¡qué poca cosa!

ホセ :君の街で有名なものは何がある?

アントニア:そうね ああ、そうよ! 闘牛場とマヨール広場があるわ。

ホセ:まったく少ないなあ!

単語・表現

qué「何」 hay「ある」(haber・3・単・現在)

famoso, sa「有名な」※famosoは形容詞だが会話文では「有名なもの」として名詞のように使うこともある

en「~で」  tu「君の」 ciudad「町、街」

pues「そうだな、えっと;(文頭で後の文を強調して)まったく~なのだ」

plaza「広場、催し場所」

toros「闘牛(常に複数)」※単数でtoroだと単に「雄牛」

plaza de toros 「闘牛場」 mayor「主要な;より大きな」

※la plaza mayorは固有名詞として本文では使う。

qué「(感嘆文で)何て」 poco, ca「少しの、わずかな、ほとんど~ない」

cosa「物、事、出来事」

¡Qué poca cosa!「ほとんどないなあ! 少ないなあ!」

※相手を批判する意味はなく、本文では冗談交じりの表現として使っています。

その他の表現

quéを使った感嘆文のまとめ

これまで何度も文中で¡Qué + 名詞・形容詞・副詞! 「何て~でしょう!」という意味の感嘆の表現を取り上げてきましたが、再確認の意味も含めて、ここで学んでおきましょう。

【名詞】
¡Qué + 名詞 + tan (más) + 形容詞!

¡Qué comida tan rica!
「何ておいしい料理でしょう!」
comida「食事、料理」 rico, ca「美味しい」

【形容詞】
¡Qué grande!
「何て大きいのでしょう!」
grande「大きい」

¡Qué barato!
「何て安いのでしょう!」
barato, ta「安い」

【副詞】
¡Qué bien!
「何ていいんでしょう! 素晴らしい」
bien「よく、十分に」

主語や動詞の省略
形容詞・副詞を伴うとき、動詞や主語が省略されて話されることが多いです。形容詞は指している主語によって変化します。

¡Qué bonito (es ese chico)!
「(その男の子は)何てかわいいんでしょう!」

¡Qué bonita (es esa chica)!
「(その女の子は)何てかわいいんでしょう!」

bonito, ta「かわいい」 ese, sa「その」 chico, ca「男の子、女の子」

多寡を表す簡単文
感嘆詞qué「何て~」やcuánto, ta「なんと多くの~」を使った物事の多寡を表す簡単表現を取り上げます。

¡Qué poco, ca + 名詞!「何て少ない~だ」
※tan(más) は省略されている

¡Qué poca comida!
「何て少ない料理でしょう」

¡Qué poco dinero!
「何て少ないお金でしょう」
dinero「お金」

¡Cuánto, ta + 名詞!「何て多い~だ」

¡Cuánta comida!
「何て多い料理でしょう」

¡Cuánto dinero!
「何て多いお金でしょう」

¡Cuántos problemas!
「何てたくさんの問題があることか!」
problema「問題、課題」※男性名詞

知らずに使っているスペイン語

日産プリメーラ – Primera

日産のスタイリッシュなデザインのセダン&ワゴンとして人気の高いプリメーラはヨーロッパの街並みでもよく似合いそうなクルマです。スペイン語の意味は「第一の」 「一流の」「主要な」といった意味です。いずれの意味も一流クルマを提供しようという意気込みが感じられます。どうしてかスペイン語由来の名前をつけている自動車メーカーでは日産自動車がとても多い気がします。 なおスペイン語で発音する場合は[プリメラ]と長音をつけないで発音します。

こんな記事も読まれています