スペイン語ネット

第72回 仲がうまくいく Me llevo bien.

ola:¿Sabes? No me llevo bien con mi suegra…
Yoko:¿Y qué tal te llevas con tu suegro?
Lola:Más o menos.
ローラ:ねえ、知ってる? わたし、お義母さん(姑)と仲がうまくいっていないの・・・
ヨウコ:それで、お義父さん(舅)とはどうなの?
ローラ:まあまあかしら。

第71回 どこで会う?¿Dónde nos encontramos?

Roberto: ¿Dónde nos encontramos?
Atsuko: ¿Qué te parece en la salida número 3 de la estación de metro “Ginza”?
Roberto: Me parece bien.
ロベルト: どこで会いましょうか?
アツコ : 地下鉄・銀座駅の3番出口でどうかしら?
ロベルト: いいと思うよ。

第70回 靴のサイズは合う?¿Te van bien las botas?

Merche:¿Te van bien las botas?
Ami:No, son un poco pequeñas. Necesito un número más.
メルチェ:そのブーツはあなた(のサイズ)に合っているかしら?
アミ:いいえ、ちょっと小さいわ。もっと大きい(サイズの)番号が必要ね。

第69回 我慢できない!¡No puedo más!

Laura:¡Ya no puedo más!
Raúl:Cálmate un poco y vamos a hablar.
Noriko:Estoy harta de mi jefe. Creo que voy a dejar el trabajo.
ラウラ:もう我慢できない!
ラウル:少し落ち着いて話そうよ。
ラウラ:上司にうんざりしているのよ。仕事を辞めようと思うの。

第67回 踊りたくてたまらない Me muero por bailar.

Juan:¡Me muero por asistir a la final de la liga española! ¿Y tú?
Kaori:Pues yo sólo me muero por bailar flamenco.
フアン:リーガエスパニョーラ(スペインリーグ)の決勝戦に居合わせたくてたまらないんだ。君は?
カオリ:それなら、私はただフラメンコを踊りたくてたまらないわ。

第66回 銀行口座を開くAbrir una cuenta.

Sachiko:Quiero abrir una cuenta en este banco. ¿Qué se necesita?
Empleado del banco:El pasaporte, el permiso de residencia y este impreso con su dirección actual.
サチコ:こちらの銀行で普通口座を開きたいのですが。何が必要でしょうか?
銀行員:パスポート、滞在許可証、それと現住所の入ったこちらの書類です。

第65回 似合いますね Te sienta muy bien.

Eri:Te sienta muy bien esa blusa.
Luisa:¿De veras?
Eri:Claro que sí.
Luisa:Muchas gracias.
エリ: そのブラウス、よく似合いますね。
ルイサ: 本当?
エリ: もちろんよ。
ルイサ: どうもありがとう。

第62回 空き室はありますか?¿Tiene habitaciones libres?

Taka:Por favor, ¿tiene habitaciones libres?
Pilar:Sí, ¿qué tipo de habitación desea?
Taka:Una habitación individual con baño.
Pilar:Aquí está la llave.
タカ : お願いしますが、空き室はありますか?

ピラール: ええ(あります)、どんなタイプのお部屋をご希望でしょうか?

タカ : 浴室付のシングルルームで。

ピラール: こちらがカギです。

第61回 本当に!? ¡No me digas!

Gabriel:¿Sabes?, soy socio del Barcelona.
Aya:¡No me digas! ¿Cuánto pagas al año?
Gabriel:Unos 130 euros.
ガブリエル : 知っているかい、僕はバルセロナの会員(ソシオ)なんだよ。
アヤ: 本当に!? 年間でいくら払うの?
ガブリエル : 約130ユーロさ。

第60回 私のものではない No es mío.

Antonio:¿Es este libro tuyo?
Keiko:No, no es mío.
Antonio:¿Sabes de quién es?
Keiko:No, no lo sé.
アントニオ : この本はきみの?

ケイコ: いいえ、私のじゃないわ。

アントニオ : 誰のものか知ってる?

ケイコ: いいえ、知らないわ。