第96回 これは何のために使うの?¿Para qué sirve esto?


José:¿Para qué sirve esto?
Yoko:Para limpiarse los oídos.

ホセ:(耳かき棒を指し示しながら)これは何のために使うんだい?

ヨウコ:耳(の中)を掃除するためのものよ。

単語・表現

para「~のため」 qué「何」

sirve「役立つ、働く」(servir・3・単・現在) esto, 「これ」

limpiarse「(体の一部を)きれいにする」※再帰動詞

oído「(聴覚器としての)耳」

oreja「(外側の)耳、外耳;(両側が対になった)耳状のもの」

その他の表現

よく使う前置詞

スペイン語では前置詞が名詞の前だけでなく、疑問詞や動詞の前に付くことがしばしばあります。動詞の前に付く場合、動詞の原形(不定詞)となるので気をつけてください。
下記に示した意味はよく使われる意味ですが、それ以外にも様々な意味を持つことがあります。

a「~に、~へ」(方向・時点)※a + el = al

con「~と一緒に、ともに」(付随)

de「~の、~出身の」(所属・起源) ※de + el = del

desde「~から」(起点)

durante「~の間ずっと」(継続・期間)

en「~の中で、~に、~で」(空間・時間・手段)

entre「~の間に」(場所・時間)

hasta「~まで」(到達点)

para「~のために、~へ」(目的・用途)

por「~のために、~で」(理由・目標・方法)

sin「~なしで」

sobre「~の上に、~について」(空間・対象)

前置詞の後ろに主語の人称代名詞yoと túが続く場合、それぞれmí, tiと変化する。

例:a mí「私に」 a ti「きみに」
例外:conmigo 「私と一緒に」 contigo 「きみと一緒に」

知らずに使っているスペイン語

ケセラセラ – que será será

ヒッチコック監督の「知りすぎていた男」の中で使われた歌で一躍有名になった「ケ・セラ・セラ」という言葉。意味は知らなくてもこの言葉や歌のフレーズを聞いたことがある、という人はきっと多いはず。スペイン語で「どうなるんだろう(what will be, will be)」という意味。

この言葉は「なるようになるさ」という意味で理解されていることが多いのですが、実はこの歌の “será será sera lo que será” というくだりが 「なるようになるさ」の意味であって、それが日本語のなかで拡大解釈されていると思われます。
※seráは動詞ser「~である」の3人称・単数・未来形です。

こんな記事も読まれています