第84回 お茶とコーヒのどちら?¿Qué prefieres, te o café?


Michiko: ¿Qué prefieres, te o café?
Juan: A mí me da igual.
Michiko: Entonces, tomamos café.

ミチコ:お茶とコーヒーとどちらがいいですか。

フアン:私はどちらでもいいですよ。

ミチコ:それじゃ、コーヒーにしましょう。

単語・表現

ué「何」 prefieres「より好む、~の方を好む」(preferir・3・単・現在)

te「お茶」 o「あるいは」 café「コーヒー」

a mí 「私にとって」(強調表現) me「私に」

da「与える」(dar・3・単・現在)

igual 「等しい、同様の、対等の」

Me da igual.「私はどちらでもよい」※直訳すると「私に等しく与える」

dar a +人+ 感情を表す名詞・形容詞 「~(の感情・気分)になる」

entonces「それなら」

tomamos「飲む、取る」(tomar・1・複・現在)

その他の表現

darを使った感情の表現

dar a + 人 + 感情や気分を表す名詞・形容詞 「~(の感情・気分)になる」

a+人は省略したり、本文のように人称代名詞であれば文頭に持ってくることも可能です。

感情や気分を表すのに便利な表現ですが、主語となる無人称の名詞が複数になる場合、活用形が変化してきますので気をつけてください。そのままの表現が覚えるのがベストです。

Me da risa.
「笑えてくる」

risa「笑い」

Me da vergüenza.
「恥ずかしくなる」

vergüenza「恥ずかしさ、恥、不名誉」
※スペイン語ではUの上に点々がついているときはgüi [グイ]、güe[グエ]と読む。

Me da miedo.
「怖くなる」

miedo「恐れ、怯え、恐怖」

Me da pena.
「(精神的に)つらくなる」

pena「苦悩、苦痛」

Me dan mareos.
「めまいがする」

mareo「めまい、乗り物酔い」 dan「与える」(dar・3・単・複)

Me dan escalofríos.
「(風邪などにより)寒気がする」

escalofrío「(複数形で)震え、悪寒」

Me da asco.
「吐き気がする」

asco「吐き気、嫌悪感」

Me da rabia.
「腹立たしい、むかつく」

rabia「激怒、憤怒」

知らずに使っているスペイン語

カナリア – canario

美しい歌声で知られる小鳥のカナリアは、スペインのカナリア諸島が原産です。「カナリア」の意味はもちろん小鳥の「カナリア」ですが、鳥のカナリアを指して言う場合には発音はcanario [カナリオ]と男性形で話します

canaria[カナリア] と言うと「カナリア諸島の住民(女性)」または「カナリア諸島の」という意味になってしまうので注意してください。またラテンアメリカではこの鳥の美しい黄色の様から「黄色」の意味でも用いられます。

こんな記事も読まれています